交通事故の示談交渉|千葉で『交通事故』に強い弁護士

交通事故被害相談@千葉

「その他」のお役立ち情報

交通事故の示談交渉

  • 文責:所長 弁護士 白方太郎
  • 最終更新日:2020年12月9日

1 示談とは

平たくいえは、示談とは、話し合いによる解決をいいます。

2 示談が打診される時期

交通事故が発生した後に治療がひと段落すると、相手方の保険会社の担当者から示談の提案がなされます。

そして、保険会社の提示してくる示談案は、自賠責基準に基づきなされることが多いです。

3 保険会社の説明によく出てくる自賠責基準とは

交通事故のご経験をされた方は、示談の際に、「自賠責の基準に従って可能な限りお支払いします。」と相手方の保険会社から言われたことがあるかと思います。

自賠責保険は、強制加入の保険であり、いわば、税金のようなものです。

自賠責保険の制度趣旨は、自動車事故における最低限度の賠償です。

最低限度の補償であるため、対人賠償に制限があります。

そのため、限度額を超えた部分は、加害者本人の負担となります。

自動車事故は、甚大な被害をもたらすことも少なくなく、万が一事故を起こしてしまった場合の賠償金額は、膨大な額となることも多いです。

それゆえ、多くの人は、対人賠償無制限の任意保険に加入しています。

任意保険は、最低限度を超えた部分を補償するものであることが分かります。

すなわち、自賠責基準の範囲内であれば、自社の損失とならないのです。

「自賠責の基準に従って可能な限りお支払いします。」との言葉の裏には、「自賠責の基準に従って最低限度しか支払いませんよ。」という意味が含まれていることがお分かりできるかと思います。

4 示談交渉を弁護士に依頼するメリット

弁護士法人心の弁護士は、交通事故案件を多数取り扱っているため、弁護士が間に入ることで、保険会社との情報格差はなくなります。

また、弁護士が間に入って交渉することで、最低限度の補償である自賠責基準ではなく、より適切な補償である裁判所・弁護士基準での交渉が可能となります。

交通事故の示談交渉は、弁護士法人心 千葉法律事務所へご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ